DECK MECHANICAL POWER|自動車レース、チューニング、一般修理、メンテナンス、車検など

DECKHOME

PROFILEPRODUCTDEMORACINGE-MAIL

PROFILE

ブレーキキャリパーの開き。

 

atari

ブレーキキャリパーの開きについて

 

ブレーキのトラブルの中でも多く耳にするのが「キャリパーが開いた」という事ではないでしょうか?
言葉のとおり、本来ローターと並行になっていないといけないキャリパーが、経年劣化などによってハの字に開いてしまう事を言います。

 

キャリパーが開いてしまうと、パッドがローターの外周部分にしか当たらなくなるので良い事ではありません。
直径方向の寸法が50mmあるパッド(D50パッド)で、もしローターの外周方向20mmしか当たらないとすると、D20のパッドを使っているのと同じ事ですから、制動力も下がりますし、何よりもフェードしやすくなってしまいます。

 

キャリパーの開きによる弊害は下記のような事が考えられ危険です。
・ブレーキの効きが落ちてしまう。
・ブレーキがフェードしやすくなってしまう。
・パッドの温度が上下しやすくなりジャダーなどが出てしまう。

 

キャリパーの開きの判断としては、写真のようにローターの外周と内周方向で当たり方が違う場合はほぼ開いています。
また、パッドの外周方向と内周方向の残量を測定し、0.5mm以上残量が違っていてもNGに思います。

 

また、極端に剛性の低いキャリパーは、ブレーキをかけた瞬間に開き緩めると元に戻るので、踏みはじめに空走感が強く、ペダルから足を離してもブレーキを引きずります。
この様なキャリパーで正確なブレーキコントロールは不可能なので、交換をご検討なさった方が良いと思います。

 

カテゴリー:HOW to

 

 

Copyright © 2010 DECK,Inc. All Rights Reserved.