APレーシング ブレンボ ブレーキキャリパーキット、オーリンズ車高調等の販売、ワンオフ制作。自動車レース チューニング メンテナンス 車検

2020年07月10日
R35 GTR用 APレーシング PRO5000R リア用 記事詳細
 ■R35 GTR用 APレーシング PRO5000R リア用 拡大写真 

R35 GT-R用 AP RACING PRO5000R リア用ブレーキキットのご紹介です。

ブレーキの前後バランスはとても重要ですが、国産車、外車問わずに言えるのはノーマルはリアの効きが弱いと言う事です。

これはリアの効きがスポーツ走行時に最適になっていると、フルブレーキングの際にステアリングを切っていたり、挙動を乱すと、リアがロックし側面衝突の恐れが高くなるため、自動車メーカーは正面から衝突するようにフロントを強く利かせいるのです。

逆に言えば、ノーマルはほぼすべての車でリアの効きが弱いと言う事になり、国産スポーツの雄R35 GTRも同様にリアの効きが弱いです。

ではリアの効きが強くなるとリアがロックして乗りにくいかと言いますと、きちんとセットアップしてあるリアブレーキであれば、そんな事は無く、ギリギリまで姿勢制御もABSも介入しないため、かえって扱いやすくなるくらいです。

ただ、リアキャリパーにフロントキャリパーを装着すると、著しくリアが効くようになって危険ですから、キチンとリア専用に設計されたキャリパーを使う事が重要です。

今回のR35GTR用の、APレーシング プロ5000Rブレーキキットは、リア専用、それもR35 GT-Rに最適なピストンサイズを持つ、PRO5000Rの4POTキャリパーを使用していますから、フロントのみAPレーシングのブレーキを使いチューンナップした場合よりも、はるかに安定した姿勢でブレーキングする事が可能となっています。

R35GTRはブレーキに厳しい車両です。ぜひとも使用用途に合ったブレーキチューンを施した車両にしてほしいと思います。

今回のキットは下記の通りです。
・APレーシング PRO5000R リア用 4POTブレーキキット
 565000円
・APレーシング ブレーキローターアップグレード
 上記価格に追加120000円
戻る