APレーシング ブレンボ ブレーキキャリパーキット、オーリンズ車高調等の販売、ワンオフ制作。自動車レース チューニング メンテナンス 車検

2020年07月21日
アウディRS3用 APレーシングブレーキキットのご紹介 記事詳細
 ■アウディRS3用 APレーシングブレーキキットのご紹介 拡大写真 

アウディRS3用のAPレーシングブレーキキットのご紹介です。

元々、大型のブレーキは装着されていますが、サーキットではやはり厳しく、高速道路でのパニックブレーキでも少し不安を覚えるように思います。

今回はAP RACING PRO5000Rの6POTキャリパーを装着し万全を期すことにしました。
と言いますのも、RS3ほどのハイパワー車になると速度もすさまじく出るため、どうしてもストレートエンドでは長いブレーキングが必要になりますから、発熱量も多くなります。

今回はリアブレーキを交換しませんので、ローター直径を著しく大きくする事は出来ませんから、厚いローター、厚いパッドを用いる事で熱容量を増やし、安定したブレーキ性能を発揮し続けることが出来るようにしました。

これでフジスピードウエイの走行もこなせますし、ストリートでのパニックブレーキもかなり余裕をもって対処する事が出来ると思います。

今回装着したのは下記のシステムです。
APレーシング PRO5000R 6POTキャリパー
ガーランド レーシングローター 380mm−36mm厚(ノーマルは370mm)
645000円
 ■アウディRS3用 APレーシングブレーキキットのご紹介 拡大写真 

ベルを厚く制作しロングハブボルトを用いる事で、ノーマルホイールでもギリギリ装着する事が出来るようにしました。

ベルを厚く作っているため、スペーサーのようにホイールが飛んでいってしまう心配もありませんし、ノーマルホイール+数mmのスペーサーですから車検も大丈夫です。
ベルを厚く制作しロングハブボルトを用いる事で、ノーマルホイールでもギリギリ装着する事が出来るようにしました。

ベルを厚く作っているため、スペーサーのようにホイールが飛んでいってしまう心配もありませんし、ノーマルホイール+数mmのスペーサーですから車検も大丈夫です。
 ■アウディRS3用 APレーシングブレーキキットのご紹介 拡大写真 

ノーマルはローターの内径側と外側で当たりが変わってしまっています。
数1000キロの走行距離で、すでに変形してしまっていますから、かなり厳しいと言えますね…。
ノーマルはローターの内径側と外側で当たりが変わってしまっています。
数1000キロの走行距離で、すでに変形してしまっていますから、かなり厳しいと言えますね…。
戻る