APレーシング ブレンボ ブレーキキャリパーキット、オーリンズ車高調等の販売、ワンオフ制作。自動車レース チューニング メンテナンス 車検

2021年04月25日
GRヤリス用 ガーランドローター 記事詳細
 ■GRヤリス用 ガーランドローター 拡大写真 

GRヤリス RZ、RZハイパフォーマンス用ローターを発売したします。

GRヤリスのノーマルブレーキは、前後バランスを意図的に前よりにする事で、早期にABSを介入させ、電子的な姿勢制御を行いやすくしていますが、ドライバーが意のままに扱うと言う点では少し違うのでは?と言う内容になっています。

前後バランスを最適化する事でABSの介入を遅らせ、よりドライバーの意のままに動く車にする事が可能で、結果的に制動距離も短く、かつ速く走る事が可能になります。
具体的にはフロントのローター直径はそのまま、リアを297mmから330mmへと大型化する事で、前後バランスを最適化しています。

さらに、ローターの厚みが薄く、熱容量が車両のスペックと比較した場合に不足がちになるため、ガーランドローターはノーマルキャリパーで許される限りの厚みを増やし、熱容量を向上させています。

ベンチレーションローターは、ベンチレーションの幅が増えれば、より多くの空気をローター内部に通せるため冷却性能は向上しますが、例えばベンチレーション幅を広くとるため、パッドが当たる部分の厚さを極端に薄くしてしまうと、こちらも熱が上がりやすくなり、ローターのゆがみが出ます。
例えば、パッドが当たる円盤部分の厚みが1mmしかないとしたら、ブレーキをかけたら簡単に歪んでしまうのが想像していただけると思いますから、ベンチレーション幅を確保するためにはローターを厚くするのが効果的なのです。

また、ベンチレーション部分は市販車に多く見られるストレートフィンではなく、風車のようなカーブフィンを用いる事で、タイヤの回転に応じて空冷させております。
ベンチレーションフィンは多ければ、低回転での冷却効率は上がりますが、高回転域では風が通らなくなり効率が落ちるので、ノーマル比約120%のフィンとし、かつ幅を増す事で低回転から高回転まで冷却性能を向上させています。

また、ノーマルフロントローターは生産性のため、本来回転方向があるはずのローターを左右で同じものを使用していますから、ハード走行時には左右ブレーキの温度差が出やすくなっているのもネガな点ですが、そちらも左右専用とする事で安定した温度管理が出来るようになっています。

フロント用2ピースローター:税抜き175000円
・直径:変わりなし
・厚み:28mmを30mmに厚くしています。
・ベンチレーション幅:10mmを13.5mmとしています。
・重量:約10.3kgを約9.5kgへと約0.8kgの軽量化となっています。
・フルフローティング式のため、ペダルフィールの向上を果たしています。
・フルフローティング異音防止ばね付き

リア用2ピースローター:税抜き165000円
リア用3ピースローター:税抜き205000円
・直径:297mmから330mmへ大径化
・厚み:18mmを20mmに厚くしています。
・ベンチレーション幅:4mmを8mmとしています。
・重量:約6.7kgを、3ピースで約6.1kgと、大径ながら0.6kgの軽量化となっています。2ピースは7.6kgと0.9kgの重量増ですが、2ピースタイプはサイドターン対応になっています。
・フルフローティング式のため、ペダルフィールの向上を果たしています。
・フルフローティング異音防止ばね付き
 ■GRヤリス用 ガーランドローター 拡大写真 

リアローターは、サイドターン対応のスチールベル採用2ピースタイプと、軽量重視のサイドブレーキリング分離構造+ジュラルミンベルの3ピースタイプをご用意しました。

2ピースタイプでは残念ながら大型化のため重量増となっていますが、3ピースタイプは大型化しつつも600gの軽量化を果たすことに成功しています。

リアローターは、サイドターン対応のスチールベル採用2ピースタイプと、軽量重視のサイドブレーキリング分離構造+ジュラルミンベルの3ピースタイプをご用意しました。

2ピースタイプでは残念ながら大型化のため重量増となっていますが、3ピースタイプは大型化しつつも600gの軽量化を果たすことに成功しています。

 ■GRヤリス用 ガーランドローター 拡大写真 

3ピースタイプとは、軽量化とドラム型パーキングブレーキを両立するために図のように、ローター本体、ジュラルミンベルハット、パーキングリングの3分割構造のローターの事を言います。

軽量化もさることながら見た目もフロントの2ピースと同様になるため、ルックス面でのメリットもあります。
3ピースタイプとは、軽量化とドラム型パーキングブレーキを両立するために図のように、ローター本体、ジュラルミンベルハット、パーキングリングの3分割構造のローターの事を言います。

軽量化もさることながら見た目もフロントの2ピースと同様になるため、ルックス面でのメリットもあります。
戻る